Carrior

2018: 博士 (情報理工学) 取得
2018: 東京大学大学院
          情報理工学系研究科
          コンピュータ科学専攻
          博士課程後期 修了
2010: ヤマハ株式会社 勤務
2010: 九州大学大学院
          芸術工学府
          ADCDU 修了
2010: 九州大学大学院
          芸術工学府
          コミュニケーションデ
          ザイン科学コース 修了
2010: 九州大学 芸術工学部
          音響設計学科 卒


Yamo : 山本 和彦
Kazuhiko Yamamoto


YAMAHA Recearch Department, Chief Recearcher
Researcher/Artist/Ph.D (Computer Science)

Short Bio

Kazuhiko Yamamoto is a Recearcher at YAMAHA. He received his Ph.D. from The University of Tokyo in September 2018 under the supervision of Prof. Takeo Igarashi. His research field is numerical algorithms for computer-human user interface. In particular, his interests include HCI, music information retrieval, computer graphics, physics simulation, machine learning, and GPGPU. He is received a research grant from JST ACT-I in 2016~2018.

1985年北海道札幌市生まれ. 博士 (情報理工学). 社会人博士として取得. 現在はヤマハ株式会社に勤務. 専門はコンピュータ-ユーザインタフェースのためのアルゴリズム. 特に機械学習, 物理シミュレーション, サウンドレンダリング, コンピュータグラフィックス, ユーザインタフェース, 音響/画像信号処理, メディアアート等の研究に従事. 2016年から2018年までJST ACT-Iからの助成を受ける. 情報処理学会, 日本音響学会, IEEE, ACM各会員. CGVI, WISS, Visual Computing, VRST各委員.

Twitter: @yamo_o

Mail: yamo_o(at)acm.org



Works

Human-in-the-Loop Adaptation for Interactive Beat Tracking
Kazuhiko Yamamoto
The International Society of Music Information Retrieval (ISMIR), 2021

Human-in-the-Loop型適応によるインタラクティブな音楽的拍節解析
山本 和彦
WISS 2021

Artificial Intelligence for Human Computer Interaction: A Modern Approach - 3D Spatial Sound Individualization with Perceptual Feedback (chapter)
Kazuhiko Yamamoto, Takeo Igarashi, Yang Li (editor)
Springer, 2021

Rendering Music Performance with Interpretation Variations using Conditional Variational RNN
Akira Maezawa, Kazuhiko Yamamoto, Takuya Fujishima
The International Society of Music Information Retrieval (ISMIR), 2019

Dancer as a Pianist: Mapping a Musical Phrase onto a Sequential Body Motion
Kazuhiko Yamamoto
The International Society of Music Information Retrieval (ISMIR), Late Breaking, 2018

Dancer music [The Big Picture]
Kazuhiko Yamamoto
IEEE Spectrum, Volume 55, 2018

Interactive Methods for Computational Sound Design, Control, and Calibration
Kazuhiko Yamamoto
Ph.D dissertation, 2018,
2018年度東京大学大学院情報理工学研究科研究科長賞
(Graduate School of Information Science and Technology, The University of Tokyo. Dean's Award ).

Fully Perceptual-Based 3D Spatial Sound Individualization with an Adaptive Variational AutoEncoder
Kazuhiko Yamamoto, Takeo Igarashi
ACM Transaction on Graphics (SIGGRAPH Asia), 36, 6, pp.212:1-212:13, (13 pages), 2017

Adaptive Variational AutoEncoderによる3次元音響の特定個人への知覚ベースキャリブレーション
山本 和彦, 五十嵐 健夫
WISS 2017

MuEns: A Multimodal Human-Machine Music Ensemble for Live Concert Performance
Akira Maezawa, Kazuhiko Yamamoto
ACM CHI Conference on Human Factors in Computing Systems (CHI '17), 2017

Automatic Music Accompaniment Based on Audio-Visual Score Following
Akira Maezawa, Kazuhiko Yamamoto
The International Society of Music Information Retrieval (ISMIR), 2016

Interactive Physically-Based Sound Design of 3D Model using Material Optimization
Kazuhiko Yamamoto, Takeo Igarashi
ACM SIGGRAPH / Eurographics Symposium on Computer Animation (SCA), 2016

物理ベースサウンドデザインのための例示ベースインタフェース
山本 和彦, 五十嵐 健夫
WISS 2016

LiVo: Sing a Song with a Vowel Keyboard
Kazuhiko Yamamoto, Takeo Igarashi
Journal of Information Processing, Vol.24 No.3, 2016

LiVo: Sing a Song with a Vowel Keyboard
Kazuhiko Yamamoto, Takeo Igarashi
New Interfaces for Musical Expression (NIME), 2015

LiVo:リアルタイム歌声合成演奏インタフェース
山本 和彦, 五十嵐 健夫
WISS 2014

LiVo: 母音列への歌詞アライメントによるリアルタイム歌唱合成演奏のための歌詞操作インタフェース
山本 和彦
SIGMUS 2014-08

順解析と逆解析を相互に利用した打楽器のデザインインタフェース
山本 和彦, 五十嵐 健夫
WISS 2013.

Possessing Drums: An Interface of Musical Instruments that Assigns Arbitrary Timbres to Personal Belongings.
Kazuhiko Yamamoto
Journal of Information Processing, Vol.21 No.2, p274–282, Apr. 2013.

身の回りのものに任意の音色を割り当てて演奏可能な電子楽器インターフェース 〜 Possessing Drums 〜
Kazuhiko Yamamoto
インタラクション2012, インタラクティブ論文賞受賞 (Interactive Paper Award).

リアルタイム日本語歌唱鍵盤楽器のための文字入力インタフェースの開発

The Development of a Text Input Interface for Realtime Japanese Vocal Keyboard
山本和彦, 加々見翔太, 濱野桂三, 柏瀬一輝 (YAMAHA)
情報処理学会論文誌, Vol.54 No.4, p1373–1382, Apr. 2013.

リアルタイム歌唱鍵盤楽器"VOCALOIDキーボード"の開発
加々見翔太, 濱野桂三, 柏瀬一輝, 山本和彦 (YAMAHA)
インタラクション2012, インタラクティブ論文賞受賞 (Interactive Paper Award).

Darwin's Lake : Sketch-Based Creature Creation System Enables Users to Collaborate with Contents Designers
Kazuhiko Yamamoto, Toki Takeda, Ryoichi Ando, Syota Kawano
ACM SIGGRAPH 2010, Posters, Student Competition Semi-Finalists.
アジアデジタルアート大賞 ADAA 2009, インタラクティブアート部門 大賞受賞, 総務大臣特別賞受賞.
(Asia Digital Art Award 2009, Interactive Art Category, Grand Prize).

GPUを用いた流体−構造体連成解析法の構築とその声門波生成過程のシミュレーションへの適用
Kazuhiko Yamamoto, 鏑木 時彦
master thesis.

IkeOto 〜 Sound Arrangement 〜
Kazuhiko Yamamoto
ACM SIGGRAPH 2009, Space Time Interactive The First Place Winner
アジアデジタルアート大賞 ADAA 2008, インタラクティブアート部門 入賞.
(Asia Digital Art Award 2008, Interactive Art Category, Honorary Mention).

The Framework of Sound Rendering for Particle-Based Physics
Kazuhiko Yamamoto
ACM SIGGRAPH 2009, Posters, New Orleans.

Real Time Two-Way Coupling of Fluids to Deformable Bodies using Particle Method on GPU
Kazuhiko Yamamoto
ACM SIGGRAPH ASIA 2009, Posters, Yokohama.

Interactive Simulation of the Process of Glottal Wave Generation using a GPU
Kazuhiko Yamamoto
ACM SIGGRAPH ASIA 2009 Sketches, Singapore.

声門波生成過程の直接的かつインタラクティブなシミュレーション
山本和彦, 仲田昌史, 鏑木時彦
日本音響学会, 2009.

FDLB-MPS法による音場シミュレーション
山本和彦,
Technical Report, 2009.

グラフィックハードウェアを用いた声帯振動のインタラクティブシミュレーション
Kazuhiko Yamamoto, 鏑木 時彦
graduate thesis, 2008.

Three-Mass Modelによる声帯振動のシミュレーション映像
山本和彦,
Technical Report, 2007.

小型携帯デバイスによる実空間上の地図を用いたコンテンツ閲覧インターフェース
武田十季, 山本和彦, 牛尼剛聡
第1回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム, 2009年3月

Actual Map Based Interface for Browsing Content on Mobile Devices
Toki Takeda, Kazuhiko Yamamoto, Reiji Tsuruno, Taketoshi Ushiama
SIGGRAPH 2009, research poster, Article No.: 52, (2009)